ニートの就職支援について【広島編】

<strong>就活ニート</strong>
就活ニート

広島に住んでいるニートってどうやって就職してるの?

<strong>就活ニート</strong>
就活ニート

広島でもニートが相談できる場所ってあるのかなぁ?

<strong>ニート</strong>
ニート

広島ニートの就職方法が知りたい


こんな悩みを解決します。

ニートから卒業したいと思ったらまずは下調べだと思います。

基本的な解決方法は「行動」です。

どんな些細なことでも調べていき知見を貯めていくことで解決に向かえることがあります。

この記事では広島ニートの就職支援について支援機関をまとめていきます。

こんな広島ニートに向けて書きました

  • これから行動を起こしたい
  • とりあえずググっておきたい
  • いきなり窓口にいくのは嫌だから調べたい


最後まで読むと支援機関について理解が得られる内容に仕上げています。


<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

執筆者の経歴

  • 作業療法士10年以上
  • 勤務歴(病院・介護施設・児童支援・就労支援)
  • 現在は就労支援に従事(障害のある方のリクルート)


私は就労支援に従事する現役の職員です。

信頼性については運営者プロフィールをどうぞ。

現場で相談にのっていて大切だと感じることは解決に向かって動くことです。

それはどんな事でもかまいません。

この記事を読まれる方は支援機関を調べていたり、どのように解決すれば良いか調べている方が大半だと思われます。

大切なポイントを解説しつつ、広島ニートに向けて発信をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ニートの就職支援について【広島編】

ニートの就職支援について【広島編】

結論:

  • 適切な媒体を選択することで解決
  • 大切なことは情報収集と行動



ニートの就職支援機関について以下を解説していきます。

  • ニートでも就活は可能なのか?
  • 広島県のニート向け就職支援
  • 広島のひきこもり相談支援センター
  • ニートの就職支援エージェント


ニートでも就活は可能なのか?

ニートでも就活は可能なのか?

結論:可能

媒体があるから絶望しなくてよい

利用できる機関があるので悲観的になる必要性はありません。

ただし、合う・合わないがありますので、行動しながら判断していく過程が必要です。

まずは利用できる機関の情報を、この記事から深めていきましょう。

広島県のニート向け就職支援

広島県のニート向け就職支援

広島の就職支援機関を調べると決まった場所がヒットする様子でした。

すでに見たこともあるかと思いますが、誤った認識をしているようでしたらなおしましょう。

他県と比べるとHPが随時更新されていますので、しっかり活用できる状態になっていることは確かです。

解説していきます。

若者サポートステーション

若者サポートステーション
画像引用:広島地域若者サポートステーション

厚生労働省の委託支援機関で全国の市町村に拠点があります。

15歳(中学卒業後)から49歳までの年齢層の方に対して働くための相談にのったり、ビジネスマナー、職場体験、コミュニケーション講座など職場で必要なスキルが習得できるプログラムの提供を行っています。

委託機関ですので各拠点によって活動状況は様々ですが、広島県はHPの更新もみられており、活動の様子がうかがえます。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

ニートの方は利用されている方が多い印象です。

私のところに相談に来られる方で、利用経験のある方は多めです。

ひきこもり、ニートに理解のある職員さんがいますので、対応も安定している様子です。

わかもの(若者)ハローワーク

わかもの(若者)ハローワーク
画像引用:広島わかものハローワーク

ハローワークがおおむね35歳未満の若者を対象に、正社員を目指すための就職支援を行います。

全県に設置されているわけでないようですが広島にはあります。

HPの更新もみられていますので、定期的に情報収集が可能です。

面接対策、応募書類作成の支援など就職を実現するための内容を受けることができます。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

ハローワークの対応は大衆向けと言えます。

なぜなら、不特定多数の大勢が利用されるからです。

一般向けの「スキル」として学びたい場合は利用するべきと言えます。

ひろしましごと館

ひろしましごと館
画像引用:ひろしましごと館

広島県の雇用労働政策課が運営をしている労働サポート機関です。

こういった行政機関による取り組みは自治体によって大きく差があります。

確認していくポイントは

  • HPがあるかないか
  • HPのデザインが見やすく綺麗か
  • HPがしっかり更新されているか


100歩ゆずってデザインは多少の差はあっても、求人はリアルタイムな情報提供が必要ですので「しっかり更新されている」かは重要です。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

外国籍、子育てママ、学生支援など働きたい方であれば誰もが対象で、事業主のサポートも行っているため支援機関とは信頼性が高いと言えます。

しかし、HPをみていくと「ニート」や「ひきこもり」の対応という内容は薄く、専門的な機関につなぐという役割という味方ができます。

広島のひきこもり相談支援センター

広島のひきこもり相談支援センター

ひきこもり、ニートの方向けの専門機関です。

青少年ワークサポートセンター広島

ひきこもりの総合支援機関(詳しくは ➡ 青少年ワークサポートセンター広島

あちこちに相談に行ってたらい回しにされるケースもありますが、ここは専門的な支援を受けることができます。

就労継続支援、就労移行支援も行っていますので、ご病気によってニートやひきこもりになっている方も手厚くサービスを受けることができます。

  • 個別相談
  • 訪問支援
  • 就職訓練
  • 生産活動
  • キャリアコンサルティング


など、就労するための内容がぎゅっと詰まっています。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

公的機関が合わない方は相談に行くことをおすすめします。

ニートの就職支援エージェント

ニートの就職支援エージェント

ニートの方でも気軽に利用できる就職エージェントです。

広島DYM


様々な家庭環境の方がいると思いますが、生活するため急な収入を得ることが必要な場合は民間エージェントは即効性があります。

DYMの就職サポートは「ニート」「引きこもり」「第二新卒」といった方のサポートも行っており、求人検索をかけるとニートの受け入れを歓迎する職場もあることは事実です。

マッチングでは公的機関や専門機関よりスピーディーです。

上記で紹介した公的機関とは質が異なりますので、合うか・合わないかは雰囲気を確かめにいくことが必要です。

下記のリンクから予約が可能です。

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職


<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

「すぐに収入が必要で仕事がしたい」という場合は継続できそうな仕事内容と職場との「マッチング」が大切です。

エージェントは公的機関より案件とのマッチングが早く職員も対応になれています。

【まとめ】ニートの就職支援について【広島編】

【まとめ】ニートの就職支援について【広島編】


こんな内容でまとめさせて頂きました。

広島県は「ニート」や「ひきこもり」でも相談できる機関が揃っています。

他県に比べて公的機関の活動状況がHPから読み取れますので、しっかり活動している様子です。

「ニート」や「ひきこもり」がご病気によるものであるとすれば、専門機関窓口がありますが選択肢は狭いような感じでもあります。

転職エージェントは最後の手段といった印象ですので、まずは長く働くために自分にとって必要な支援機関を探すところから行動を始めていくのがよいと言えます。

必ず「あなた」にあった方法がありますので情報収集を行動を忘れずに心がけていきましょう。

こちらのページも合わせて参考になりますので、一読をおすすめします。

➡ 【必ず働けます】障害福祉のサービスで悩むあなたを完全サポート【安心】

コメント

タイトルとURLをコピーしました