ニートの就職支援について【静岡編】

<strong>ニート</strong><br>
ニート

静岡のニートってどうやって就職してるのかな?

<strong>ニート</strong><br>
ニート

ニートが相談できる場所なんてあるの?

<strong>ニート</strong>
ニート

どうせニート向けの求人案件なんて決まったものばかりだよ


こんな悩みを解決します。

この記事にたどり着いた方は、少しでも現状を変えたいって思っていませんか?

  • ニートだから・・・
  • ニートだし・・・
  • ニートなんか・・・


こんな言葉は捨てましょう。

キーワードは「あなた」の行動です。

静岡県のニートの就職支援についてまとめてみました。

この記事を最後まで読んで分かること

  • 静岡県のニート向け支援機関について
  • 静岡県のニート向け求人案件
  • 就職までの方法について


「仕事=ハローワーク」という概念だけではありませんので、こんな思考でしたら変えましょう。

公的な手続き上ハローワークは避けて通れませんが、ニートやひきこもりの方は専門機関がおすすめです。

なぜなら、ハローワークは大衆的な対応だからです。

納得がいく対応をしてもらった方があなたの満足感も高くなります。

行動するときはエネルギーが必要ですからまずはこの記事で下調べをどうぞ。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

執筆者の経歴

  • 作業療法士10年以上
  • 勤務歴(病院・介護施設・児童支援・就労支援)
  • 現在は就労支援に従事(障害のある方のリクルート)



この記事の信頼性については運営者プロフィールをどうぞ。

私は現在進行形で就労支援に関わっている職員です。

ニートやひきこもりの方の相談支援の経験もあり、相談者の多くは20代です。

色々な事情を抱えている方がいます。

例えば、

  • 中学2年からひきこもり
  • 大学に進学してからひきこもり
  • 高校を中退して家の畑を手伝っている



相談者のなかには両親の離婚・DVなどもあります。

ニートから脱出するために、まずは自分なりに調べるところから始めて貰えればと考えています。

この記事を読むだけでも行動ですから、小さいことを積み重ねましょう。

スポンサーリンク

ニートの就職支援について【静岡編】

ニートの就職支援について【静岡編】

静岡県のニート向け就職支援について以下がピックアップしていきます。

  • 静岡県の就労支援について
  • 就労支援でよくある静岡の求人


静岡県の就労支援について

静岡県の就労支援について

静岡県の就職支援機関は主に3つです。

民間機関、公的機関が運営を担っています。

青少年就労支援ネットワーク静岡

青少年就労支援ネットワーク静岡
画像引用:静岡県内の拠点一覧


NPO法人(民間:非営利組織)が運営をしています。

静岡県に13拠点あり、各拠点によって「生活困窮者」「ニートやひきこもり」など若者支援に力を入れるなど、役割を担っているポイントが異なります。

生活困窮者

  • 伊豆市生活困窮者自立相談支援事業
  • 伊豆市被保護者就労準備支援事業
  • 熱海市就労準備支援事業
  • ふじのくに型学びの心育成支援事業
  • 富士宮市子どもの学習・生活支援事業
  • 富士宮市生活貧窮者就労準備支援事業
  • 磐田市就労準備支援センター

ニートやひきこもりの若者支援

  • 静岡県ひきこもり支援センター
  • (掛川市)地域若者サポートステーション事業
  • (静岡市・藤枝サテライト)地域若者サポートステーション事業
  • (静岡市)地域若者サポートステーション事業
  • 富士市若者相談窓口運営事業


静岡サポートステーション(サポステ)

静岡サポートステーション(サポステ)
画像引用:静岡地域若者サポートステーション


就労支援ネットワークの一つにも含まれている「若者サポートステーション」のことを言います

若者サポートステーションは厚生労働相の委託による事業運営で、15歳~49歳までの方に対してキャリアコンサルタント、専門相談、就職に向けた訓練を提供しています。

全国に各拠点を設けていますが、地域性もあって取り組みにはばらつきがあります。

ホームページがありましたが、少々見にくく、活動情報の露出も分かりにくい印象があります。

こちらも活動拠点によって千差万別です。

静岡(しずおか)ジョブステーション

静岡(しずおか)ジョブステーション
画像引用:しずおかジョブステーション


静岡県庁の労働雇用政策課が運営をしていおり、公的機関の職員が就職相談に応じてくれます。

新型コロナウイルスの感染対策もあってかweb相談が可能です。

休日相談も柔軟に実施しており、SNS発信を使っての情報発信や事業活動が見える化できている特徴がわかります。

相談窓口としての機能もあり、相談者が置かれてい状況に応じてますので機能面では若者向けにしっかりされている印象があります。 

就労支援でよくある静岡の求人

就労支援でよくある静岡の求人

静岡県に絞りニートでも就職可能な案件を見ていくと以下が多めです。

参考:求人ボックス・ニート歓迎

  • データ入力
  • 検品
  • 製造作業
  • 軽作業
  • 警備・交通誘導



職場環境にもよりますが共通点を探っていくと以下にまとめられます。

  • 作業工程が単純
  • 繰り返して行われる
  • マイペースに活動できる
  • 対人コミュニケーションが少ない



ニートや引きこもりの方は社会との接点が希薄になっていることから「対人スキル」や「社会性(空気を読む)」といった部分が課題になっている方も多い傾向です。

自己肯定感の低下から「何もできない」という思考になってしまったり、「失敗したらどうしよう」と過度に心配になってしまうこともあります。

作業内容が明確化で、かつ、 単純で繰り返しができる作業は「できている」という振り返りもでき、成功体験がつめますので安心感が湧きます。

狭い職域かもしれませんが「やりやすさ」重視がおすすめです。

【まとめ】ニートの就職支援について【静岡編】

【まとめ】ニートの就職支援について【静岡編】
  • 静岡県のニートの就職機関は公的機関、民間機関(NPO:非営利組織)
  • 静岡県でよくあるニート向けの求人は単純作業が無難


ニート専門の転職エージェントを利用すれば、職域の幅はあるかもしれませんが、地元に根差した「地域性」でみていくと、静岡県の支援は、公的機関やNPO法人がメインです。

静岡県の一般求人をみていくと「ニート歓迎」の案件があることから、適切にマッチングをする作業が主になるといえます。

若者サポートステーションは訓練的な内容も提供しますが、基本はビジネスマナーの研修、面接練習などで企業と繋いでいく形となります。

「あなた」が人生を変えるためにすることは単純です。

解決するための行動をしていく

これだけです。

①まずはこの記事で紹介した支援機関へ相談に行く

②納得ができなければ別の支援機関も探していく
→ インターネット検索が手頃です



病気など別の要因がある方はこちらの記事も参考になりますので、合わせて知識をアップデートしましょう。

➡ 【必ず働けます】障害福祉のサービスで悩むあなたを完全サポート【安心】


また、こちらの記事では「振り返り」についてまとめています。履歴書作成に響いてきますので、内容を理解おすすめします。

➡ 【理由あり】自己理解がなぜ必要なのか?腑に落とすための心得

コメント

タイトルとURLをコピーしました