【kizuki-care.net】介護の教科書

【kizuki-care.net】介護の教科書 介護

在宅介護、認知症を患っての一人暮らしやケア方法などのコンテンツです。

在宅介護の困りごと

  • 同居している祖父、祖母が弱ってきて介護が必要
  • 介護するのは自分と母親だけ(もしくは父親)
  • 家でする介護はどうすればいいのか?
  • どこまで家で介護すればいいの?
  • 家で介護はもう限界・・・
  • 食事の介助はどうすればいいの?

など

認知症の介護

  • 同居している家族が認知症(脳血管型、アルツハイマー病、レビー小体型など)
  • 遠方に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんの認知症が心配になってきた
  • 認知症だけど、どこまで一人暮らしさせればいいの?
  • 物忘れ、徘徊もみられてきたけど、どうすればいいの?
  • 認知症の介護ってどこが限界点なの?
  • 認知症の在宅介護がもう辛い

など

介護

【熱弁】老人の食事を配達にして得られるお互いの幸せ【職員が語る】

40代、50代で在宅介護をしている方も多く、食事の準備が介護負担になっている方もいます。少しでも楽をするため、老人向けの食事配達サービスを利用したいと躊躇している方もいますが、1回は導入すべきです。その本質は楽になる以上にお互いが幸せになれるからです。
介護

【簡単】老人の食事レシピから学び、代用品を使いながら楽をする方法【実践すべき】

40代、50代で在宅介護をしている方も多いと思いますが、老人向けの食事レシピに困ることはないですか?しかし、レシピを知ったところで継続をしたり、今まで以上にコストや手間がかかるものだと負担は減りません。市販品を使って楽をする方法をお伝えしたいと思います。
介護

【真似できるの?】一般家庭でも作れる老人の食べやすい食事メニュー

40代、50代で在宅介護をしている方もいると思いますが、老人向けの食事を作ることが負担になっている人は多いはずです。毎日メニューに困りレシピを探すこともあると思いますが、実際は介護負担が減ったことにはなっていません。専門職のワタシが本質を解説していきます。
介護

老人の食事は柔らかいものだけでいいの?元施設の専門職が回答

40代、50代で親の在宅介護をしていて「食事の準備」に困っていませんか?食べやすいように柔らかく作ろうと試行錯誤していませんか?残念なことにレシピや方法を知っても介護負担は減っていきません。「老人=柔らかいもの」なのでしょうか?専門職のワタシが回答します。
介護

【専門職が解説】知らなきゃ損する老人に適した食事の新しい価値観

40代、50代で在宅介護をされている方もいると思いますが、食事で困ったことはないですか?おじいちゃん、おばあちゃんが作ったものを食べなかったり、味付けや内容で文句を言われたりして疲れている方もいるかと思います。老人にむけた食事の新しい価値観をお伝えします。
介護

【お得】鹿児島市の老人向け宅配弁当を充実させる視点【新しい価値観】

鹿児島市に在中している40代、50代で老人向けの宅配弁当を利用している、または検討している方も多いと思います。しかし、インフラが限られていて、いつも決まったものばかりと考えている方もいると思います。現状の視点をズラして充実させる方法を経験者の私が伝えます。
介護

【分析】宅食を選ぶ高齢者のメリットについて【専門職のワタシが語る】

40代、50代から在宅介護をしている方で「宅食」のことを知り検討している方も多いと思います。宅食にして得られるメリットが分からないと判断ができないという悩みもあり、なかなか踏み出せないというのも現状です。配食事業に携わった専門職のワタシが解説します。
介護

【解説】老人の食事を宅配にするための手順【生活の質をあげよう】

老人向けの宅配弁当ってどうやって注文するの?失敗したくないから分かりやすい手順が欲しい。こんな疑問のある方に向けて書きました。高齢者向け宅配弁当を導入したいと思っている方は多いですが、家族に勧めたり、導入が難しいというケースもありますので解説します。
介護

老人向けの宅配弁当で在宅介護にメリハリをつける方法【職員が教える】

40代、50代から在宅介護をしている方は食事の準備にかかる負担はどうですか?老人向けの宅配弁当を知っているかと思いますが、利用した場合の「生活」まで調べてみましたか?余裕がある暮らしを望むのなら利用すべきです。生活にフォーカスして解説をしていきます。
介護

在宅介護のメリットは少なめ、本人や家族の満足度が【鍵】

在宅介護のメリットについて考えてみました。仕事経験や実際の体験談を通して、本質的なメリットは少ない印象をうけました。在宅介護をされている方にとって好ましくないタイトルですが、鍵になるのは本人や家族の満足度。在宅介護を続けるか悩んでいる方はご覧ください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました