kizuki-就労と介護の教科書- 運営者プロフィール

kizuki 就労 介護


はじめまして、小林玄人(haruto:ハルト)です。

「kizuki-就労と介護の教科書-」に訪問いただき、ありがとうございます。

私自身、作業療法士となって10年以上が経ちました。

働き始めの自分と「今」を比較すると面白いくらい成長していて、お世話になった恩師や友人たちは驚くはずです。

業界柄、「二度と会いたくない」「顔もみたくない」ひとも沢山いますけど・・・。

経験を通して「人間」が深まり「世の中を見る目」を養えたことが成長を加速させました。

現在の仕事について

現在の仕事について

障害のある方の就職支援(リクルート)を行っています。

障害福祉に特化した会社で働く「サラリーマン」です。

利用者様の就労支援をしつつ、「障害者雇用」を希望される企業様の人事課、代表取締役・経営者とお会いして、働き方についてアドバイスをさせてもらっています。

運営者の経歴について

運営者の経歴について

介護老人保健施設

作業療法士になった強い意思で「老人介護」分野にて働く。
認知症専門棟・一般棟・デイケアにて勤務。

急性期 総合病院

オペ後の患者様のリハビリを中心に行う。医療現場、最前線。
脳外科、神経内科、心臓外科、内科、整形外科、混合病棟などで勤務。
作業療法士は「何でも屋」
「精神科病棟」や「訪問リハビリ」以外はすべて経験する

株式会社

児童福祉部門の新規立ち上げ、施設長として勤務。
はじめて「会社員」になり、見える世界が一気に広がる。
経営戦略、管理・マネジメント、マーケティング、人事採用、何でも実行。


私の人物像、ブログ運営の想いについてはnoteで別コンテンツを設けています。

運営者:小林玄人(haruto)について知りたい方は下記からどうぞ。


発信媒体について

発信媒体について

kizuki-就労と介護の教科書- :

2020年4月に開設

Twitter@haruto_shelf):

2010年頃から発信活動をはじめ、このブログの開設をきっかけに本格化


kizuki-就労と介護の教科書-について

kizuki-就労と介護の教科書-について


2020年4月に開設しました。「初」のWordPressです。

テーマは「#就労」と「#介護」に特化しています。

こんな方に向けたコンテンツです

  • 仕事が不安定
  • 仕事がうまくいっていない
  • メンタル不調
  • 在宅介護で困っている
  • 認知症の介護が分からない


「作業療法士」として仕事を通じ、得てきた知識を中心に発信していきます。

Twitter(@haruto_shelf)について

Twitter(@haruto_shelf)について


「仕事」「発達障害」「老人介護」「認知症」などについて、ツイートをしています。

新型コロナウイルスが流行してから、業界全体で問題が浮き彫りになってきています。

記事作成の時間を確保する作るため #朝活 をはじめています。



kizuki-就労と介護の教科書-のブログコンセプト

kizuki-就労と介護の教科書-のコンセプト

VISION

変わりゆく時代と共に、満足した「あなた」らしい暮らしを継続

MISSION

必要なひとが必要なサービスを知り、うまく活用できる

VALUE:

  • 「道標」によって新しい価値観を
  • 「知る」ことで「あなた」に新しい生き方を


今はこんな感じです。(2020年11月11日時点)

「就労・老人介護・児童」など多岐分野に渡って経験をしています。

株式会社で経営もしており、私のような「作業療法士」はとても珍しいと思います。

コンテンツの信頼性について

kizuki-就労と介護の教科書-のブログコンセプト

「作業療法士免許証」を掲示します。

取得年月日、取得番号、厚生労働大臣印、免許証のデザインは個人情報の観点から控えます。

右下のカードは「福祉住環境コーディネーター2級」の免許証です。

作業療法士免許と合わせて取得されている方が多くいます。

コンテンツ作成で気をつけているポイントは以下です。

気をつけていること

  • 「PDF文献」から引用する
  • 「公的機関」の情報を引用する
  • 「病院」「クリニック」などから引用をする
  • 大手メディア、監修者の透明性があるところから引用する


加えて、

私が経験してきた「強み」を織り交ぜて「オリジナルコンテンツ」としています。

強み:
作業療法士×会社員×経営×就労支援×老人介護×児童支援


広い視野で課題をみつめ、「あなた」らしい暮らしが継続できるようコンテンツを充実させていきます。

「障害者総合支援法」や「介護保険」について必要な人がもっとサービスを知って、うまく活用してもらいたい。

そのためには、新しい価値観を知ることが大切です。

時代は常に変わっていきます。

過労死などの労働問題から「働き方改革」が叫ばれ、景気問題からも政府は副業の解禁を推奨しています。

2025年には日本人口がさらに減少して「超高齢化社会」が訪れます。

働き手の減少から雇用問題が発生し、さらには老後2000万円問題も控えています。

こういった暗いニュースが飛び交う中で、必要な人に限って「サービス」が使えていないのが現実です。

仕事で目の当たりにしています。

コンテンツを充実させることで、救われる方がひとりでも増えるよう発信していきます。

「福祉サービス」「介護保険サービス」については以下の記事からどうぞ。

福祉サービスについて


介護保険サービスについて



「kizuki-care.net」の意味

「気づき」で得た「ケア」を、「ネットワーク」で広めて実行する


この時代を生きている多くの方は、スマートフォンを持っています。何か分からないこと、不安なことがあれば簡単に調べることができます。

「ケア」情報がネットワーク上に落ちていれば、実行して救われる人がいます。

そんな願いを込めてみました。

コンテンツひとつひとつに意味を込めています。

kizuki-care.netの今後の方針

kizuki-care.netの今後の方針



まだまだ先のことですが、「独立・起業」を目標にしています。

法人化して、就労・介護分野で「新しい取り組み」をしている方々と一緒にお仕事ができればと、日々考えています。

仮に社員さんが必要になった時は「障害者雇用」を計画しています。

kizuki-就労と介護の教科書- アクセスの多いコンテンツ

kizuki-就労と介護の教科書- アクセスの多いコンテンツ


アクセスの多い記事は以下です。

kizukiが得られる人気記事


※ ボタンからコンテンツにどうぞ ※


すべてのコンテンツは「サイトマップ」からどうぞ

「kizuki-就労と介護の教科書-」はこんな人におすすめ


仕事が不安定で、こんな生活になっている・・・

  • 引きこもり
  • 目的がないフリーター(ひたすら仕事を変えている)
  • ニート(プータロー)生活が長い、抜け出せない
  • 生活保護あるいは受給せざるをえない状況
  • ホームレスになっている
  • 友人の家を転々としている

など

就労・仕事がうまくいっていない

  • 転職を繰り返している
  • 定職に就くことができない
  • 仕事についても、すぐ辞めてしまう
  • アルバイトをしても1週間くらいしか持たない
  • 職場の人間関係で悩んでいる
  • どこの職場にいっても人間関係でうまくいかない
  • 部長などの上司、先輩と折り合いがすぐ悪くなる
  • 原因が分からないが、よく怒られる
  • お局様と必ず不仲になってしまう
  • 体調が不安定になって、仕事に行けない

など

メンタル不調、具合が優れない

  • 自分は病気かもしれない・・・。
  • ぼーっとして何をやってもうまくいかない
  • 発達障害(自閉症、ASD、アスペルガー症候群、ADHD、学習障害など)
  • 精神疾患(統合失調症、鬱病、双極性障害、不安障害など)
  • 職場に行く途中、足が動かなくなる
  • 朝、仕事だと思うと起きれない

など


おすすめコンテンツ(拡充を図っていきます)

【kizuki-care.net】就労の教科書
kizuki-care.net-就労の教科書-、就労(仕事や就職)に関するコンテンツです。仕事が続かないことで、引きこもり、フリーター、ニート、ホームレス、生活保護など不安定になります。発達障害、メンタル不調かも?振り返りをするきっかけにご活用ください。



在宅介護の困りごと

  • 同居している祖父、祖母が弱ってきて介護が必要
  • 介護するのは自分と母親だけ(もしくは父親)
  • 家でする介護はどうすればいいのか?
  • どこまで家で介護すればいいの?
  • 家で介護はもう限界・・・
  • 食事の介助はどうすればいいの?

など

認知症の介護

  • 同居している家族が認知症(脳血管型、アルツハイマー病、レビー小体型など)
  • 遠方に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんの認知症が心配になってきた
  • 認知症だけど、どこまで一人暮らしさせればいいの?
  • 物忘れ、徘徊もみられてきたけど、どうすればいいの?
  • 認知症の介護ってどこが限界点なの?
  • 認知症の在宅介護がもう辛い

など



おすすめコンテンツ(拡充を図っていきます)

【kizuki-care.net】介護の教科書
kizuki-care.net-介護の教科書-、在宅介護、認知症介護についてコンテンツをまとめています。在宅介護の困りごと、認知症の介護について悩んでいること、介護保険制度、介護認定、申請方法などの手順や在宅介護サービス、施設サービスについて学べます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました