【必ず働けます】福祉のサービスで悩むあなたを完全サポート【安心】

<strong>悩む人</strong>
悩む人

うまく働けなくて困るなぁ。

どこの職場に行ってもすぐ辞めちゃう。

安定した仕事なんて就いたことない。

転職も多いし、上司や同僚ともうまくいかない。

【完全無料】で助けてくれるサービスってあるの?


こんな疑問を解決します!

働けない期間が長いと「自分の人生、本当に大丈夫かなぁ」と不安が増しますよね?

無職で空白の期間が長いと、

  • 再就職が不利
  • 何をやっていたか理由作りが必要
  • 辞めた理由はどうしよう
  • もう、過去は思い出したくない


こんなネガティブな気持ちになりがちで、人生を詰んだような感覚になります。

解決方法がひとつだけあります。

それは「福祉サービス」を使ってみる

日本で生活していれば、誰もが利用する権利をもっています。

こんなお悩みの方が記事の対象

  • 仕事が続かなくて困る
  • 働きたくても働けない
  • 生活に困っている
  • 職場での人間関係がうまくいかない
  • 人と接するのが何故か怖い
  • すぐ辞めたくなってしまう
  • 職を転々としている
  • どの職場も人間関係が原因で退職している
  • 発達障がのグレーゾーンかもしれない
  • 社会不適合者だ
  • 福祉サービスが使えるか分からないから知りたい
  • 障がい者手帳を持っていないけど大丈夫なのかな?
  • 障がいがなくても使えるの?


こちらの方も、すでに対象です

  • 発達障がいがある(ASD、ADHD、LDなど)
  • 病気を患っているけど、働かないと困る
  • クリニックや病院などに通院している
  • 病気か分からないけど、自分に疑問がある
  • 大人の発達障害かもしれない
  • 障がい手帳をもっている(身体障がい、精神障がい、療育手帳)
  • うつ病を患っている
  • 障がい者雇用で働きたい
  • クローズで一般就労がしたい
  • 障がい者雇用でも選考に通らない
  • 障がい者雇用の面接に落ちてしまう


どこに相談していいか分からず、自分で解決しようと調べたりしていませんか?

カウセリングを受けている方もいると思いますが、解決してますか?

具体的に「就職活動」や「仕事」にまつわることは、専門機関に頼ることがベストです。
(後述していきます)

「カウセリング」は「就労」に関係する専門機関ではありません。

この記事から分かること

  • 働けなくても受けられる福祉サービスの概要
  • 病気や障がいがなくても福祉サービスは使えるのか?
  • 病んでいても福祉サービスは使えるのか?
  • 条件クリアで気軽に使える「就労移行支援事業」について


<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

小林玄人(ハルト)

執筆者の経歴

  • 作業療法士10年以上
  • 勤務歴(病院・介護施設・児童支援・就労支援)
  • 現在は就労支援に従事(障害のある方のリクルート)


私は仕事で就労支援に従事しています。

こんな悩みの方が相談にいらっしゃいます。

  • 働けない・・・
  • 仕事が続かない
  • 職を転々としている
  • すぐ辞めたい気持ちになる


福祉サービスは、正式には「障害福祉サービス」といいます。

「障害」と聞いてしまうと抵抗感が出ると思いますが、以下の場合は正式に相談できる権利を有しています。

こんな場合は相談しましょう
(ほんの一例です)

  • 定職に就けない
  • 仕事をすぐに辞める
  • どこの職場でも人間関係でつまづく


など。

民間会社が運営している転職エージェント、就職サポート、就職斡旋とは質が違います。

知らない方に、知ってほしい。

解決するためには、就労移行支援事業所に相談していくことが近道です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ここから先は無理に読む必要性はありません。

求めている情報と違うようであれば、
「✖ボタン」「戻る」からお戻り下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


「働きたい」というお気持ちがあり、自分のことを理解しようとする姿勢があれば、人生が確実に変わるきっかけになる内容です。

読んで満足するだけでは何も変わりません。

読んだあとに「行動」していくことをおすすめします

それでは、はじめましょう!

  1. 障害福祉のサービスで悩むあなたを完全サポート
  2. 福祉サービスってなんだろう?
    1. 「税金」でまかなわれている「公的なサービス」
  3. 障がいや病気はないけど、福祉サービスは使えるの?
    1. サービスによっては利用可能な場合があります
  4. 福祉サービスは病んでても使えるの?
    1. 利用条件は「医療機関からの診断書」
      1. なぜ、かかりつけの医療機関が必要なの?
      2. 受診の壁が年々下がっている
    2. 福祉サービスの利用者は年々増加傾向が続く
  5. 病気で働けないけど、福祉サービで助けてもらえるの?
    1. 診断書が出せれば何でもいいが、判断は自治体となる
    2. 自治体に行くことが難しく、ハードルが高い場合は?
  6. 福祉サービス「就労移行支援事業」を利用するとどうなる?
    1. 就労移行支援は右肩上がりに急成長している福祉サービスです
    2. 就労にまつわる専門職が配置されている
    3. 就労移行支援事業の利用期間は2年間のみ
    4. 雇用保険、傷病手当金を受給しながらサービスが利用できる
    5. 就労移行支援事業の利用料は「無料」もしくは「1割負担」
  7. まとめ【必ず働けます】福祉のサービスで悩むあなたを完全サポート
    1. 選択肢①:就労移行支援について調べて、活用してみる
    2. 選択肢②:福祉は最後にして、とりあえず自分で頑張ってみる
    3. 選択肢③:方向性が決まらなく、専門機関を活用して整理をしていく
    4. 終わりに

障害福祉のサービスで悩むあなたを完全サポート

障害福祉のサービスで悩むあなたを完全サポート

この記事は以下で構成されています。

  • 障害福祉サービスってなんだろう?
  • 障害や病気ないけど、福祉サービスは使えるの?
  • 福祉サービスは病んでても使えるの?
  • 病気で働けないけど、福祉サービで助けてもらえるの?
  • 福祉サービス「就労移行支援事業」を利用するとどうなるのか?
  • 【まとめ】障害福祉のサービスで悩むあなたを完全サポート


福祉サービスってなんだろう?

障害福祉サービスって何だろう?


「福祉サービス」は障がい者総合支援法によって制定されているサービスをいいます。

日本には子ども、成人、高齢者を支援する制度があります。

聞いたことありませんか?

幼児~18歳までの青年:
児童福祉サービス(児童福祉法)

高齢者:
介護保険サービス(介護保険法)


身近に感じるのが「介護保険」ではないでしょうか?

40歳以上から加入が義務付けられており、介護保険料が給料から天引きされます。

19歳~65歳までは「福祉サービス」で必要な支援が得られます。

それでは、詳細を解説します。

「税金」でまかなわれている「公的なサービス」

福祉サービスは「税金」でまかなわれています。

公的なサービスなので信用ができます。(市役所に窓口もあります)

「介護保険料」も40歳以上から支払い義務が発生しますので、介護保険もある意味「税金」が絡んでいるためサービスは公的性があります。


納税の義務、予算の組み立て

私たちは住所のある自治体に税金を納めています。

若いうちは気にしない方もいると思いますが、自治体に納めるという意味では、給料明細に記載されている「住民税」が当てはまります。

市民、町民から徴収した税金で予算の組み立て

自治体が年度末に、次年度の予算を組みます。

自治体の税金の使い方は、選挙で選ばれる市長、町長、村長により、観光業や都市計画、道路整備、除雪など市民の暮らし、生活に必要となる部分に当てられます。

福祉サービスにも予算が組まれますので、困った人が使う「権利」があります。

障がいや病気はないけど、福祉サービスは使えるの?

障害はないけど福祉サービスは使えるの?


結論:就労系は一定の条件を満たせば使えます

「福祉」と聞くと限定的なイメージもありますが、詳しく以下で解説します。

サービスによっては利用可能な場合があります


福祉サービスは以下のように種類が分かれます。

障害や病気はないけど、福祉サービスは使えるの?
画像引用先:厚生労働省 障害福祉サービスについて


サービスによっては必要な区分認定が設けられていますが、就職・就労に関係するのは訓練系サービス、就労系サービスといわれ、一定の条件を満たすことで使えます。

後述する「就労移行支援事業」は障害手帳が無くても利用可能です。

福祉サービスは病んでても使えるの?

障害福祉サービスは病んでても使えるの?

結論:
使えます。ただし、各自治体の利用条件を満たすことが必要

こんな方も対象です

  • 仕事が続かない
  • 転職を繰り返してしまう
  • どこの職場でも人間関係が築けない


メンタルヘルスに問題があったり、病んで体調を崩し引きこもりになっている方も使える権利を持っています。

仕事に影響が出ていますので、相談していく方が解決の近道になります。


利用条件は「医療機関からの診断書」

条件:かかりつけの医療機関がある

お住まいの自治体による判断が優先されますが、法律をベースに考えていくと診断書が共通してきます。

就労につけない原因となっている診断があれば良いです。

近年、増えている「メンタルクリニック」の受診動向も付け加えて解説します。

なぜ、かかりつけの医療機関が必要なの?

障害福祉サービスは行政が関係する「公的」なサービスだから

手続きで「主治医の意見書」「診断書」が求められる場合があります。
(※各都道府県、お住いの市町村によって違いはあるようです。)

ですので、病院・メンタルクリニック・心療内科等にかかることを基本的にはおすすめします。

受診の壁が年々下がっている

特に「精神科」や「心療内科」に行くことに抵抗感が強くあったり、ハードルが高いと感じてしまいますが、それはひと昔の話で偏見です。

今はそんな印象は全くありません。

私は仕事で受診の同行も行いますが、受診しやすいようあらゆる工夫がされています。

受診を配慮した工夫

  • にぎやかなところから離れた立地に構える
  • 入りやすいよう受付、入り口の色合いやデザインが工夫されている
  • 医療機関のような雰囲気が全くない
  • 個室スぺースが確保されている


など様々で配慮がされています。

都市部から地方へ行くと、「ログハウス」のような造りや「古民家」っぽいようなクリニックもあり、周囲からはどういう場所なのかも分かりにくいです。

<strong>悩む人</strong>
悩む人

ちょっと意外でした。メンタルクリニックに行く人は「特別な人」っていう印象ばかりあったから・・・。相談だけでもしてみようかな。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

落ち着いた立地に開業される先生もいますので、まずはホームページ等で身近な場所を検索するところからはじめてみましょう。


福祉サービスの利用者は年々増加傾向が続く


こちらのグラフから分かります。

障害福祉サービスは病んでても使えるの?
画像引用:厚生労働省 精神保健医療福祉のデータと政策


訓練系サービス・就労系サービスは、

  • 自立訓練
  • 就労移行支援
  • 就労継続支援A型
  • 就労継続支援B型
  • 就労定着支援

となっており、それぞれサービス特徴が分かれています。

※各サービスの概要は別記事をもうけます。

メンタルヘルスに課題がある方は、自力で就労が難しいというのが現実です。

右肩上がりに利用者が増えているのが分かります。

実際は生活管理や正確な自己分析が苦手といったところで、体調不良に直結しているケースが目立ちます。

自分の力では解決しきれないと感じている方が多く、福祉サービスは年々需要があります。

病気で働けないけど、福祉サービで助けてもらえるの?

病気で働けないけど、障害福祉サービで助けてもらえるの?


結論:可能です。

病気が原因で働けなく、生活の活路が見いだせないと悲観的な気持ちが強くなりますが、「福祉サービス」を積極的に利用することで解決できます。

診断書が出せれば何でもいいが、判断は自治体となる

メンタルクリニックの診断書でなくても問題ありません。

就労の妨げになる要因がある場合は、他の要因で大丈夫です。

例をいくつかお伝えします。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

私が実際に経験した診断名です。

最終判断は自治体になりますが、ガイドラインには「診断書」となっておりますので、診断書があれば良いと思います。

念のため福祉課の窓口で相談し、ワンクッション挟むことで余計な出費がかからずに済みます。


診断例

  • 潰瘍性大腸炎
  • 局所性多汗症
  • 腎不全
  • 選択性緘黙(かんもく)
  • 過敏性大腸炎
  • 筋緊張型頭痛
  • 手足の欠損・断裂・変形
  • 脳卒中 など


自治体に行くことが難しく、ハードルが高い場合は?


こんな問題、ありませんか?

  • 移動手段がない
  • 対人緊張が強すぎる
  • 話が難しそうで嫌だ
  • 聞かれても答えられない
  • 行政(市役所など)の職員は苦手


など、こんな様子で窓口に行きにくい場合は「就労移行支援事業所」に相談してしまいましょう。

福祉サービス「就労移行支援事業」を利用するとどうなる?

障害福祉サービスで仕事は見つかるの?

結論:必ず進路・解決策が決まります

福祉サービスに位置づけられている「就労移行支援事業」は仕事の専門機関です。

仕事を探して貰うというより「支援」「サポート」を受けながら、あなたを軸にして就職活動を行います。

実際は、自治体の窓口より「就労移行支援事業所」に直接訪ねるほうがすすみも早いです。


就労移行支援は右肩上がりに急成長している福祉サービスです

就労系サービスのうち「就職活動サポート」に特化しており、ここ数年で右肩上がりに伸びている「障害福祉サービス」です。

こちらの網羅記事から知りたい情報が得られますので、参考にどうぞ。


就労にまつわる専門職が配置されている

サービスを統括管理するサービス管理責任者、就労支援員、生活支援員が配置されています。

働くための知識や、生活管理の方法を専門的に学ぶことができます。

目的、対象者は以下の通りです。

通常の事業所に雇用されることが可能と 見込まれる者に対して、
①生産活動、職 場体験等の活動の機会の提供、その他の就労に必要な知識及び能力の向上のた めに必要な訓練
②求職活動に関する 支援
③その適性に応じた職場の開拓
④就職後における職場への定着のため に必要な相談等の支援を行う。
(標準利用期間:2年)
※ 必要性が認められた場合に限り、最大1年間の 更新可能

引用先:厚生労働省 障碍者総合支援法における就労系障害福祉サービス


「就職をしたい」という希望の方はすべて当てはまるサービスです。

こんな方は相談しましょう

  • 仕事が続かない
  • 転職を繰り返していしまう
  • 人間関係がどこの職場にっても悪い


など、仕事について困ったことは何でも相談可能です。

就労移行支援事業の利用期間は2年間のみ

ずっと使えるサービスではありません。

公的なサービスで、自治体の税金で運営されていることが理由です。

何度も使えるサービスではなく、2年間満了すると基本的に再利用できません。

自治体(市町村)が認める場合のみ再度利用可能で、特例措置があります。

雇用保険、傷病手当金を受給しながらサービスが利用できる

雇用保険を受給する場合は、認定日にハローワークを行き、就職活動をしている実績が必要となります。

就労移行支援事業はハローワークと連携をとっていますので、雇用保険や傷病手当金について相談することをおすすめします。

小林玄人
小林玄人

私の職場では受給しながら通所されている方がほとんどです。

生活費が得られない場合は大切な資金となりますので、受給できるものは支援として受けましょう。



就労移行支援事業の利用料は「無料」もしくは「1割負担」

障害福祉サービスは税金で賄われているため、すべて自己負担しなくても利用可能です。

利用料発生の有無は、前年度の世帯収入で確認をとります。

「本人と配偶者の世帯収入」という考え方で、親の収入は含まれません。


まとめ【必ず働けます】福祉のサービスで悩むあなたを完全サポート

まとめ【必ず働けます】障害福祉のサービスで悩むあなたを完全サポート


大切なことは2つです

  • 障害福祉サービスをうまく活用する
  • 就労移行支援事業で活路が開ける


福祉サービスについて何となく概要が掴めたかと思います。

公的なサービスですので、ここまで読んだあなたをダマしたり、おとしめたりするものではありませんのでご安心下さい。

私も就労支援に従事していますので、ここまで綴ってきた内容は事実です。

サービス利用を考えている方の相談に携わっていますが、悩んでいても何も変わりません。

行動しなければ変わらない、人生を詰む


冒頭でも述べましたが、ここまで読んだら次は活動をしていきましょう。

これでは何も変わらない・・・
  • まだ大丈夫
  • 明日からやればいい
  • もうちょっと考えてから
  • いいや


こんなふうに思ってしまうと、行動するタイミングを逃しがちです。

次に行動する時はいつでしょうか?

この記事を読んだタイミングが、最適な行動機会ではないでしょうか?

「あなた」の人生の時間は待ってくれません。

何となく半年、1年が過ぎてしまった、、、では、履歴書の空白機関が増えるだけで、就職活動で困ることも増えていきます。

人生はやり直しがききません。

この記事を読んだ時間を次に活かしましょう。

選択肢を「3つ」用意しました。

<strong>悩む人</strong>
悩む人

うーん、実はココまで読んで迷っていたんだ。選択肢があると助かる。


選択肢①:就労移行支援について調べて、活用してみる

ここまで読んで少しでも興味が出た人向けの選択肢です。

閲覧するだけなら無料ですので、情報収集をされてみて下さい。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人
  • 就労移行支援について興味がある
  • 就労移行支援のメリットやデメリットが知りたい
  • 就労移行支援を使って絶対に失敗したくない

こんな方におすすめです。


 ▼ 【人気】選ぶ時のノウハウ ▼


▼ 良い点・悪い点を知りたい場合 ▼



選択肢②:福祉は最後にして、とりあえず自分で頑張ってみる

気力があって少しでも自分で頑張りたいと考えている方は「転職エージェント」をおすすめします。

エージェントは紹介が主体で、面接や書類選考など頑張るのは「あなた」となります。

小林玄人
小林玄人

私が相談を受ける案件で「福祉」より転職エージェントを選択して頑張る方もいらっしゃいます。

転職エージェントも沢山ありますので、利用者様が活用して良かったものだけを記事でまとめました。

参考にされてみて下さい。


<strong>悩む人</strong>
悩む人

うーん、自分のことだし、人に頼りっきりというのも気が引けるなぁ。

エージェントで調べてみるのもいいかもしれないかな。



選択肢③:方向性が決まらなく、専門機関を活用して整理をしていく

「福祉」なのか「転職エージェント」なのか、何がなんだか分からないって感じの方もいらっしゃるかと思います。

<strong>悩む人</strong>
悩む人

うーん、結局は最後まで決められなくて困るんだよね。

調べるだけ調べて何もできなくなっちゃうパターンなんだけど。


<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

では、ここでお伝えするのが本当に最後ですよ

選択肢①~③の中から決めて下さい。


<strong>悩む人</strong>
悩む人

優柔不断で本当にすみません・・・。


<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

いえいえ😁

よく相談にのっていると「決められない」という人も多くいらっしゃいます。そういう場合、細かく細部まで決めるのではなく大枠を決めると楽になっていきます。

そんな時におすすめできるのが「株式会社LITALICO」が提供している【LITALICO仕事ナビ】です。

「あなた」がどうしたいのか「診断」できるツールとなっています。


<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

HPのトップ画面はこんな感じで選択制になっています。

選択肢もシンプルなので、ぐるぐる迷わず直感に従っていけば良い構造になっています。

これは決められない人を考えて、とても工夫されている作りになっています。


画像引用:【LITALICO仕事ナビ】


<strong>悩む人</strong>
悩む人

これだったらできるかも!😊

でも「診断名」とか分からないけど、どうすればいいかな?


<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

真面目に考えすぎず、いったん「精神障害 その他」にしておけば問題ないと思います。これから改良もすすんで、もっと使いやすくなることも期待できますからね。


<strong>悩む人</strong>
悩む人

ありがとうございます😊

すすめてみたいと思います。


終わりに

ここまで長々とお読みいただき、ありがとうございました。

感謝でいっぱいです。

「選択肢」って意外にあると思いませんか?

そして、その選択肢を使えているかどうかだと思います。

「失敗すること」は「悪いことではない」と思います。

何もしないでダラダラ一日を過ごしてしまったり、何も収穫がないまま時間だけが過ぎ去ってしまうのが「あなた」の人生にとってよくないと思います。

時間は限られています。

うまく使って「あなた」らしい人生が切り開けるように応援をしていきたいと思います。

最後に選択肢をまとめますので、参考にしてみて下さい。

では!

 ▼ 【人気】就労移行支援事業所を選ぶ時のノウハウ ▼


▼ 良い点・悪い点を知りたい場合 ▼


コメント

タイトルとURLをコピーしました