ニートの就職支援の実態について【奈良編】

<strong>ニート</strong>
ニート

奈良でずっとニートだけどそろそろ活動したい

<strong>ニート</strong>
ニート

ニートが相談できる就職支援ってどこ?

<strong>ひきこもり</strong>
ひきこもり

おすすめの相談場所が知りたい


こんな悩みを解決します。

ニートから脱出したいと思って就職活動をいざ始めようと思っても、どうすればいいのか分からないことも多いです。

一般的に仕事といえばハローワークですが、ニートでも様々なタイプの方がいると思います。

例えば、

  • 知らない人に相談したくない
  • コミュニケーションが苦手
  • 公的機関の職員が嫌だ


ググって調べてもはっきりした解決方法がなかったりして困ることもあるのではないでしょうか?

自分と似たような人がいなかったり、自分には到底無理な案内だったりで絶望することもあるはずです。

この記事では解決方法を導くための知識を提供します。

まずは、引きこもりの支援について知りつつ、奈良で行われている就職支援について知ることが先です。

最後に具体的な方法を示しますので、行動していきましょう。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

執筆者の経歴

  • 作業療法士10年以上
  • 勤務歴(病院・介護施設・児童支援・就労支援)
  • 現在は就労支援に従事(障害のある方のリクルート)
スポンサーリンク

ニートの就職支援の実態について【奈良編】

ニートの就職支援の実態について【奈良編】

以下の流れで説明していきます。

  • 奈良の引きこもり支援について
  • 奈良のニートと引きこもりの関係
  • 奈良のキャリアカウンセリング
  • 奈良の就職支援は?

奈良の引きこもり支援について

奈良の引きこもり支援について

奈良の引きこもり支援は、奈良県が中心となって支援をすすめています。

三重県、京都府、大阪府、和歌山県が隣接していて少しの時間でアクセスできることから、県民の活動の幅広さが伺えますので、行政に限らず様々な資源が使えるメリットをあわせ持っていると言えます。

奈良のニートとひきこもりの関係

奈良のニートとひきこもりの関係

中核市の奈良市ではニートやひきこもりが3000人いるといわれています。参考文献:毎日新聞

専門の相談窓口が設置され、奈良県の取り組みとしては委託事業者を選定し、協力機関に対して助成金を付与して取り組んで頂くことで問題解決に取り組まれています。 

準ひきこもり、若年層が多い

「ひきこもり」にはタイプがあります。

準ひきこもりは、

  • 基本は家にひきこもる
  • しかし、自分の好きなことであれば外出ができる

参考文献:特集 もう1人で悩まないで 奈良市のひきこもり支援


こんな性質があり、一歩も外に出られない「ひきこもり」とは異なります。

周囲からみれば、本当に「ひきこもり」なのか分からなくさせている要素も含めていることになります。

こういった内容をしっかり学習できていないハローワークの職員に限って、相手のことを理解しない対応をされる場合があります。

具体的にはこんな内容です。

  • それは甘えじゃないの?
  • それじゃダメだよ
  • 渇がないんだよ


公共職業安定所は特に不特定多数が利用しますから、相談しにくいことがうかがえます。

奈良のキャリアカウンセリングについて

奈良のキャリアカウンセリングについて

ニート、ひきこもりの方が就職支援について調べていくと、キャリアカウンセリングという言葉と直面すると思いますので、言葉の解説をします。

キャリアカウンセリングとは

厚生労働省によるとキャリアカウンセリング(キャリアコンサルティング)は、

個人の適性や経験等に即した職業選択や能⼒開発を⽀援する相談のこと。

厚生労働省:キャリア・コンサルティングについて


「あなた」の背景を加味しながら、「あなた」にあった職業選択、方法を助言してくれることを言います。

多くの方はひとりで悩み、解決のために情報を集め、正解か分からない選択肢を自己選択し、分析しながら仕事をしています。

自己分析ができないことで弊害はあります。

「自己分析」不足で起こる弊害

  • 本当にやりたいことがわからない
  • すぐ仕事を辞めてしまう
  • 何をやっても続かない


こんなことに直面してしまいます。

このリスクを少しでも下げるために活用することができる内容です。

受けられる場所は事項で解説をします。

奈良の就職支援は?

奈良の就職支援は?

「ハローワーク」は公的な窓口で一般性が高いです。

窓口の職員の能力に左右されることから、個人の生活背景を相談しても反映されにくい側面があります。

特にニート、ひきこもりの方にとっては相談に行きにくい場所でもあります。

以下でまとめる機関は、悩める若者の専門機関です。

奈良・高田しごとiセンター

奈良・高田しごとiセンター
画像引用:Google Maps

奈良県が主体となって行っている就業センターです。

以下を行っています。

  • 仕事の斡旋
  • 職業相談
  • キャリアカウセリング
  • 若者の就職支援


ハローワークの窓口と比べ若者向けの支援機関になりますので、仕事についての悩みがある場合は総合的に支援が受けられます。

奈良若者サポートステーション

奈良若者サポートステーション
画像引用先:奈良若者サポートステーション

人生相談所というキャッチフレーズの「若者サポートステーション」です。

仕事で悩んでいる方に向けて支援を行う機関で、就職支援プログラムが提供されます。

こちらもキャリアカウセリングが受けられますので、強みや弱みを掴むことができます。

職場見学、実習もありますので、どんな仕事が向いているのか体験を通して決めていくことができます。

対象年齢は15歳~49歳となっています。

キャリアサポートセンター奈良 ひきこもり

キャリアサポートセンター奈良 ひきこもり
画像引用先:Google Maps

こちらは奈良県が委託しているNPO法人が運営をしていている支援機関で、パソコンを中心とした訓練プログラムを受けることができます。(ハロートレーニング)

就職活動に必要なビジネスマナー、面接対策、履歴書の作成、コミュニケーションなどのプログラムもカリキュラムに組み込まれています。

ニートやひきこもりの支援に力を入れており、相談やカウセリングを受けることもできます。

同じ境遇の方を集めてサークル活動を行うなど、ハローワークができない、若者向けの取り組みを行っています。

【まとめ】ニートの就職支援の実態について【奈良編】

【まとめ】ニートの就職支援の実態について【奈良編】
  • 奈良のニートの支援は県が主体となっている
  • 奈良のひきこもりは3000人で準ひきこもりが多い
  • ハローワークに行きにくい場合は若者向けの就業センターへ


この記事で相談機関を知った方は行動していきましょう。

調べているだけでは何も変わりません。

情報を集めただけで解決できるのであれば、相談するための機関は必要がありません。

ハローワークは様々な方が利用されるため、対応も一般的です。

ニートにも様々なタイプがいると思います。

こんな気持ちはありませんか?

チェッックをどうぞ

  • このままではヤバい
  • 何かやらないといけない
  • 親に色々心配かけてしまう


いずれかの気持ちが少しでもある方は、とりあえず「相談」をしてみましょう。

真面目に話をしにいくのではなく「とりあえず、行ってみた」くらいの感覚で問題はありません。

こういう気持ちは不要

  • 怒られる
  • 嫌みを言われる
  • 相手にしてもらえない


「ハローワーク」とは全く違います。

「あなた」にとってどういう選択肢がいいのか助言を貰いましょう。

この記事を読んで「あなた」の気持ちに少しでも変化があった場合は「今すぐ行動」がおすすめです。

その気持ちがいつ沸いてくるのかは未知数です。

もしかしたら、二度と同じ気持ちが沸かないかもしれません。

チャンスをモノにしてみましょう。

「あなた」の未来を応援します。

こちらの記事もあわせて参考にどうぞ。

➡ 【必ず働けます】障害福祉のサービスで悩むあなたを完全サポート【安心】

コメント

タイトルとURLをコピーしました