【思考整理】株式会社ココルポートの口コミを分析して解説、捉え方の案内

<strong>悩む人</strong>
悩む人

就労移行支援で検索していると「ココルポート」の口コミが気になる

<strong>困る女性</strong>
困る女性

悪い口コミが多い印象だけど、良い口コミもあってどうするれば何が本当だか分からない

<strong>困る大学生</strong>
困る大学生

判断基準があればいいのに。

こんな疑問についてお答えします。

ココルポートは就労移行支援サービスを提供している大手事業所です。

店舗数も多いため通いやすい事業所を調べたりするかと思いますが、どうしても口コミや☆評価に目がいきがちです。

Googleマップに登録されている店舗はどの業態も評価をみることができますので、選択するひとつの指標にしてしまいますが、どれが本当なのか分からないと言った意見もあるかと思います。

この記事では「ココルポート」に寄せられた口コミに込められた意図について分析しながら、捉え方について解説をしていきます。

こんな方におすすめです

  • 口コミ評価が気になる
  • ☆評価の低さが気になる
  • 何が真実なのか分からない
  • とりあえず情報収集がしたい
  • ココルポートを選んで失敗したくない


<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

執筆者の経歴

  • 作業療法士10年以上
  • 勤務歴(病院・介護施設・児童支援・就労支援)
  • 現在は就労支援に従事(障害のある方のリクルート)


私は現在進行形で就労支援に関わっている職員です。

見学に来られる方の案内をしたり、制度の仕組みを分かりやすく解説を行ったりしています。

「☆評価」「口コミ評価」が生活の主流となっており、お店等を選ぶときも一つの指標となってしまっています。

しかし、インターネットは不特定多数の方が投稿をしているため、情報の信憑性については不明なことも多いです。

●●さんは「☆☆☆☆☆」だとしても■■さんは「☆」ということもあり、何を信じればいいのか分からないといったことにもなります。

私の職場にも低評価がありますが、運営は問題なく行われています。

前提として押さえることは以下です。

口コミを入れる方もご病気を抱えている


それなりに思考の特徴があったり、修正ができないといった課題を抱えてる方も多いですので、一概にすべて正しいとは言い切れません。

この記事では、私が他事業所の口コミについて解説をしていきますので、参考にしていただける幸いです。

スポンサーリンク

株式会社ココルポートの口コミを分析して解説、捉え方の案内

株式会社ココルポートの口コミを分析して解説、捉え方の案内
画像引用改変:株式会社ココルポート


こんな流れで解説をしていきます。

  • ココルポートの口コミを分析
  • ココルポートのクレーム様な口コミから分かること
  • ココルポートのサービスをこう捉える


ココルポートの口コミを分析

ココルポートの口コミを分析

口コミには不満を全面に出した「ネガティブ系」と満足感に満ちて他者にも教えてあげたいという「メリット系」に分けることができます。

ネガティブ系

ココルポートに寄せられたネガティブ系の口コミについて、一部抜粋して紹介します。

特定の職員やサービスについての内容が散見されています。

ネガティブ系
引用:Googleマップ
ネガティブ系
引用:Googleマップ
ネガティブ系
引用:Googleマップ
ネガティブ系
引用:Googleマップ
ネガティブ系
引用:Googleマップ


メリット系

一方でココルポートに寄せられた満足感を訴えるメリット系の口コミを一部抜粋していきます。

主にプログラムや事業所の環境面を取り上げるコメントが散見されています。

メリット系
引用:Googleマップ
メリット系
引用:Googleマップ
メリット系
引用:Googleマップ
メリット系
引用先:Googleマップ


ココルポートのクレーム様な口コミから分かること

ココルポートのクレーム様な口コミから分かること

目がいきがちなネガティブ系の口コミの解説をとことんしていきます。

なぜなら「悪い口コミ=ダメな事業所」という印象がつくからです。

では、何でこういった書き込みに走ってしまうのか解説をします。

期待していたサービスとのギャップ

飲食店で注文した料理が写真みたいじゃなかったと思ったことはありませんか?

おまけに「味」も想像と違った、、、

事前に収集していた内容に対して期待とのズレが修正できなかったり、許容範囲に収まらないなど、実際にサービスを利用した時に起きる差(ギャップ)が大きいことで「損をした」という認識が強く働くためと考えられます。

期待を裏切った「差」が大きければ大きいほどクレームとして膨らんでしまいます。

それだけ良いサービスであると認知されていることは間違いありません。

職員についての口コミが多いため、クレーム者は思い描いていた職員の雰囲気ではなかったということが分かります。

こういった対人のサービスは受け取り手の感覚によって評価が異なりますの注意が必要です。

なぜならサービスをその場で消費してしまうため、後で比較検討ができないから。

小林玄人
小林玄人

スタッフが親切に教えてくれたというコメントもありますので、一概にして「悪い」ということは言えません。

私の事業所にも☆ひとつ評価がありますが、安定した運営になっています。


職員単体を狙った書き込みについては信憑性があるようにも捉えられますが、こういった書き込みで改善がなされるので心配はいりません。

会社の体質に関わること 

職員の異動が多いことを指摘下さっている内容もありますが、会社という組織運営を行っている以上「異動」は仕方が無いことだといえます。

コロコロ変わることでサービスの品質に関わることもありますが「この職員が良かった」という評価をしていただける利用者様の声は大切です。

なぜならその職員さんはお客様が期待している内容を提供できたから。

口コミから分かるように事業所運営を改善させるため異動を行い、どの職員もお客様にとって満足いただけるサービスが提供できるようにスキルを磨いていくことは至って普通のことです。

お客様の口コミを参考に運営体質を少しずつ変えていることが推測されますので、経営的には停止しているわけではないと言えます。

事業所によって差がある

前項と被るかもしれませんが、これだけ多店舗展開するとサービスの品質を一定にすることは大変なことで、少なからず違いは出てしまいがちです。

なぜなら「扱っているものが対人サービス」だから。

物を販売している場合は、商品を見直すことで即座に改善されるケースが殆どで、概ね一定の品質を担保できます。

しかし、人によって提供されるものはその場で消費をされますので、一定に揃えることが難しい一面があります。

そこをクリアしていくための「異動」というように、柔軟に考えることができます。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

私の職場も足並みを揃える取り組みを行っていますが、とても難しいです。

異動は至って普通の対応となっています。


ココルポートのサービスをこう捉える

ココルポートのサービスをこう捉える

結論:良いサービスである分、実際の期待値から外れることで不満になってしまう

表記が良い分、実際の確認が必要


特徴は以下です。

あらゆるニーズに対応するプログラムが500種類以上

  • PCスキル
  • コミュニケーション
  • 就職活動
  • ビジネスマナー
  • セルフマネジメント
  • 模擬就労
  • 余暇
福利厚生や実績

  • 昼食あり、交通費助成
  • 就職者数1935名
  • 定着率89.7%



数字的な部分は実際の実績なので問題ないと思われますが、確認が必要なことは以下です。

  • プログラムの進め方
  • できないプログラムもあるのか?
  • 昼食の中身
  • 交通費助成のルール
  • 就職までの実際のステップ


など、実際は良いことだけではありませんので、ご自分から質問をしていくことが必要です。

見学方法については下記の手順記事も参考になりますので、合わせて確認をお願い致します。

➡ 【手順を完全公開】就労移行支援とは?事業所の申し込み解説

パーソルチャレンジの評判は?

パーソナルチャレンジの評判は?
画像引用改変:パーソルチャレンジ ミラトレ

競合他社であるミラトレについては、下記の別記事でまとまていますので、あわせて参考にどうぞ。

➡ ミラトレの口コミ内容を考察して解説【就労支援員が語る】

【まとめ】株式会社ココルポートの口コミを分析して解説、捉え方の案内

【まとめ】株式会社ココルポートの口コミを分析して解説、捉え方の案内
まとめ

  • 実際の口コミはネガティブ系、メリット系がある
  • 期待していたサービスとのギャップが大きいことで不満が生まれる
  • 事業所によってサービスの質にばらつきはあるが、それを解消させるための異動である
  • 運営会社も改善するためにアクションを起こしている


悪い口コミがあっても改善をして利用者の満足度があがるように対応しており、利用者様の福利厚生も手厚い側面があります。

福祉サービスの特化会社としては、利用者様のことを考えて運営がなされています。

ネガティブな口コミの一部で「振替通所」や「就職をさせて貰えない」といった口コミがありますが、「就労移行支援」の本質が理解できていないことが考えられます。

理由については、私の教材に記載してありますので、気になる方は参考にどうぞ。

➡ 就労移行支援事業所に通所して学ぶべきこと⑦選


<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

ちなみに、「福祉サービス」は全く儲かりません。

「金目的でしょ?」という意見もありますが「物」を売った方が利益率は良いです。

「就労移行支援」の本質を理解せずに「口コミ」のみで判断していくことはとても危険です。

なぜなら「他人の感情」を判断材料としているから。


ご病気によって感情の波が高ぶったり、コントールがうまくできない利用者様も多いため「あなた」にすべて当てはまるとは考えにくいのです。

「かかりつけ医」がいるかと思いますが、「あなた」と相性が悪いお医者様だったらどうでしょうか?

クリニックの「☆評価」を下げませんか?こんな不満がうかぶはずです。

  • 訴えを聞いて貰えない
  • 話を聞いてくれない
  • アドバイスもして貰えない


しかし、一方で相性が良い方はこんなコメントをするはずです。

  • とても親切でした
  • 何でも話せて的確に教えて貰える
  • しっかり顔みて聞いてくれた


人による対人サービスは、受け手の感情に左右されるところが大きいものです。

この捉え方「あなた」はどう考えますか?


少しでも共感して頂ける場合は、もっと視野を広くしてご自分で行動していくことをおすすめします。

活動量が増えることで「あなた」の人生もどんどん良い方向に変わっていきます。

この世の中、ネガティブなことばかりではありません。

もし本当に失敗をしたくないのであれば「行動」して真実を確かめましょう。

メモをしたり、資料を作って比較などすれば失敗は回避できます。

そのためには「行動」しかありません。

私は「あなた」の背中をそっと押して応援します。

最後に、この記事で紹介した内容を記載して終わりますので、参考にされて下さい。



コメント

タイトルとURLをコピーしました