基礎から学ぶ「自己理解」とは何のために必要なのか【現役職員が語る】

<strong>困る男性</strong>
困る男性

「自己理解とは」って検索しても難しくて良くわからない。

発達障害、メンタル不調の人は特に必要で、高校生や大学生までも必要になるって情報もあるけどいまいちパッとしない。

働けなくて困っている僕はどうしたらいいんだろう。


こんな疑問にお答えします。

まず、ここから先は下記の方に解説をしていきますので、合わない方は閲覧をおすすめしません。

また、自己理解について学ぶ姿勢がない方も時間の無駄になりますのでお控え下さい。

  • 仕事が続かなくて困る
  • 職を転々としている
  • どこの職場に行っても人間関係で困る
  • 発達障害(ASD、ADHD)の診断がある、もしくは非定型で兆候があるかもしれない
  • メンタル不調がある(病みやすい、鬱、気分の波が大きい)
  • HSP、もしくはその気質があるかも


「自己理解を深めましょう」と言われても、実感が湧かない方が殆どです。

しかし、あなたが繰り返し起こしている失敗は偶然ではなく「自己理解」に基づいていることは忘れてはいけません。

「自己理解とは?」という基礎部分についてまとめていきます。

実際に私が現場で体験している内容に基づきますので、難しい論文みたいな内容はさておき、分かりやすさ重視で理解していただけると思います。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

執筆者の経歴

  • 作業療法士10年以上
  • 勤務歴(病院・介護施設・児童支援・就労支援)
  • 現在は就労支援に従事(障害のある方のリクルート)


この記事の信頼性については、運営者プロフィールからどうぞ。

就労支援を仕事にしていて、自己理解を深めることについてサービス提供をしています。

就労支援の現場では、自己理解をしていただくことを目的に支援を行っていきます。

「自己理解とは?」と調べても難しい内容が多く分かりにくいです。

現役職員の私が解説をしていきますので、ご活用いただければ幸いです。

スポンサーリンク

基礎から学ぶ「自己理解」とは何のために必要なのか? 

基礎から学ぶ「自己理解」とは何のために必要なのか?

(後日公開します)

自己理解とは?

(後日公開します)

自己理解の定義について

(後日公開します)

自己理解と教育はセットで用いられている

(後日公開します)

自己理解力とは

(後日公開します)

自己理解とは、看護分野など対人スキルを求める仕事で必須

(後日公開します)

自己理解は難しいが避けては通れない

(後日公開します)

心理学から学ぶ自己理解とは?

(後日公開します)

自己分析として自分を知ることの意味を学問として

(後日公開します)

自己理解の先にある自己受容をつなげる

(後日公開します)

自己理解のための方法とは?

(後日公開します)

自己理解のための他者理解

(後日公開します)

自己理解をすることのメリット

(後日公開します)

自己理解が得られた事例【経験談あり】

(後日公開します)

自己理解を助けるツール:現場で使われている

(後日公開します)

自己理解のための「マインドマップ」:デジタルも可

(後日公開します)

自己理解のための「バレッドジャーナル」:アナログ

(後日公開します)

基礎から学ぶ「自己理解」とは何のために必要なのか【現役職員が語る】

(後日公開します)

コメント

タイトルとURLをコピーしました