【完全無料】で使える自己理解ツールを導入してみた【私が伝える実際】

<strong>困る男女</strong>
困る男女

自己理解を簡単にするためのツールって何がいいんだろう。

検索をするとランキングやおすすめもあるけど、どうすればいいか分からない。

発達障害やメンタル不調の影響でうまく使いこなせる自信もない。

こんな私たちのモチベーションがあがる内容が知りたい。


こんな疑問を解決します。

まず、ここから先は下記の方に解説をしていきますので、合わない方は閲覧をおすすめしません。

また、自己理解について学ぶ姿勢がない方も時間の無駄になりますのでお控え下さい。

この記事の対象者

  • 仕事が続かなくて困る
  • 職を転々としている
  • どこの職場に行っても人間関係で困る
  • 発達障害(ASD、ADHD)の診断がある、もしくは非定型で兆候があるかもしれない
  • メンタル不調がある(病みやすい、鬱、気分の波が大きい)
  • HSP、もしくはその気質があるかも


自己理解のためのツールはいくつかありますが、すべて良いとは言い切れません。

ひとりひとりが抱えている特性によっては分かりにくかったり、使いにくいツールもあります。

この記事では、実際に発達障害やメンタル不調の方に導入したツールを2つピックアップしました。

どのように自己理解が得られるのかを体験的にまとめていきます。

自己理解のツールで悩んでいる方は必ず参考になります。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

執筆者の経歴

  • 作業療法士10年以上
  • 勤務歴(病院・介護施設・児童支援・就労支援)
  • 現在は就労支援に従事(障害のある方のリクルート)


この記事の信頼性については運営者プロフィールをどうぞ。

私は就労支援を仕事にしていて、大人の発達障害、メンタル不調の利用者様を中心に自己理解を深めるサポートをしています。

実際に利用者様に使っていただいているツールについて、体験談を交えながら書いていきます。

「難しい」と感じている方はとくに読んでいくことをおすすめします。

あなたにとっての方法が掴めるはずです。

スポンサーリンク

自己理解ツールを導入してみた【無料です】

自己理解ツールを導入してみた【無料です】

実際に現場で利用しているツールがこの2つです。

自己理解ツール①:マインドマップ

(詳細は後日公開します)

自己理解ツール②:バレッドジャーナル

(詳細は後日公開します)

自己理解ツールを導入したきっかけ

(詳細は後日公開します)

自己理解、自己分析の方法として

(詳細は後日公開します)

自己理解をするためのアセスメントツール

(詳細は後日公開します)

仕事理解をするツールにも使える

(詳細は後日公開します)

自己理解ツールを使ってどのように変わるの?

(詳細は後日公開します)

ケース①:客観的に整理ができる

(詳細は後日公開します)

ケース②:思考を整理していく癖ができる

(詳細は後日公開します)

ケース③:すぐにシャットダウンしない心が育まれる

(詳細は後日公開します)

自己理解ツールで導き出す「自己理解」とは?

(詳細は後日公開します)

自己理解すなわち「自分を知ること」

(詳細は後日公開します)

自分にとっての適材適所をみつけることができる

(詳細は後日公開します)

【まとめ】自己理解ツールを導入してみた

(詳細は後日公開します)

コメント

タイトルとURLをコピーしました