【前向き】自己理解のための行動を具体的に学ぶ 【心得あり】

<strong>フリーター</strong>
フリーター

自己理解をするためにどんな行動をとって行けばいいのかな?

発達障害やメンタル不調だから行動って言ってもよく分からないや。

解説が欲しい。


こんな疑問にお答えします。

まず、ここから先は下記の方に解説をしていきますので、合わない方は閲覧をおすすめしません。

また、自己理解について学ぶ姿勢がない方も時間の無駄になりますのでお控え下さい。

この記事の対象者

  • 仕事が続かなくて困る
  • 職を転々としている
  • どこの職場に行っても人間関係で困る
  • 発達障害(ASD、ADHD)の診断がある、もしくは非定型で兆候があるかもしれない
  • メンタル不調がある(病みやすい、鬱、気分の波が大きい)
  • HSP、もしくはその気質があるかも


自己理解をするための行動、必要な理由、について事例を通して解説していきますので、あなたのモヤモヤが軽くなります。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

執筆者の経歴

  • 作業療法士10年以上
  • 勤務歴(病院・介護施設・児童支援・就労支援)
  • 現在は就労支援に従事(障害のある方のリクルート)


この記事の信頼性については、私のプロフィールをどうぞ。

就労支援を仕事にしていて、自己理解についてサービス提供をしています。

私自身も立ち位置や支援方法について常に思考しており、自己分析を行う日々です。

働きながら感じていることを中心に解説します。

スポンサーリンク

自己理解のための行動を具体的に学ぶ

自己理解のための行動を具体的に学ぶ

自己理解のための行動はシンプルに2つだけです。

自己理解のための行動①:自己への問いかけ

(詳細は後日公開)

自己理解のための行動②:他者理解

(詳細は後日公開)

自己理解とは?行動が必要な理由

(詳細は後日公開)

行動しなければ経験や思考は得られない

(詳細は後日公開)

心の領域、視野を広げる

(詳細は後日公開)

自己理解のための行動、なぜ必要?

(詳細は後日公開)

分かるとできるは違うから

(詳細は後日公開)

自己理解の行動ができているか自己診断しよう

(詳細は後日公開)

自己理解が深まった事例

(詳細は後日公開)

【まとめ】自己理解のための行動を具体的に学ぶ

(詳細は後日公開)

コメント

タイトルとURLをコピーしました