【専門職が解説】知らなきゃ損する老人に適した食事の新しい価値観

<strong>困る両親</strong>
困る両親

40代、50代で私たちみたいに在宅介護をしている人も多いと思うが、いかんせん食事だけは困る。

毎日のことだし、他の人はどういう食事なのか知りたい。

楽できればいちばんいいんだけど、老人はわがままで難しいところもあるからなぁ。


こんな疑問を解決します。

在宅介護をしながら老人向けの食事を毎日考えると介護負担は増すばかりですよね。

作ったものを食べて貰えなかったり、味付けやメニュー内容でわがまま、文句を言われたりすると介護をしているお嫁さんは怒り心頭だと思います。

この記事はこんな方が対象

  • 40代、50代で在宅介護をしている
  • いつも同居者の食事について困っている
  • おじいちゃん、おばあちゃんに食事を作って文句を言われる
  • 食事の介護負担が徐々に多くなってきている
  • 老人の食事について知りたい


老人の食事について、この記事を読んだ方にしか得られない新しい価値観をまとめていきます。

  • 昔は○○だった
  • あの人から○○がいいと言われた
  • ケアマネさんから○○と言われた


こんな意見もあると思いますが、介護をする方はこの記事を読んでくださっている方だと思います。

まわりはアドバイスをくれると思いますが、行動を起こすのは「あなた」です。

「あなた」の介護負担が軽減されるよう、新しい価値観を取り入れて下さい。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

執筆者の経歴

  • 作業療法士10年以上
  • 勤務歴(病院・介護施設・児童支援・就労支援)
  • 現在は就労支援に従事(障害のある方のリクルート)


この記事の信頼性については運営者プロフィールをどうぞ。

私の仕事の始まりは「老人介護」です。

患者様、利用者様の生活について考えるのが仕事で、在宅介護をされる方にアドバイスを沢山してきました。

「食事」についてはどのご家族も悩みになっています。

「排泄」と同じで毎日行うことは介護負担が増えがちです。

私から、この記事を読んでいる「あなた」にお聞きしたいことがあります。

「○○しなければいけない」という考え方はありませんか?


少しでもあるようなら、新しい考え方をいれるだけで負担が減る場合があります。

理由は、生活スタイルが時代の変化に応じて変化しているからです。

それは介護業界も同じです。

普通に生活していれば介護のことなんて分からないことが多いですから、この記事を使って新しい価値観を知ってみて下さい。

スポンサーリンク

知らなきゃ損する老人に適した食事の新しい価値観

知らなきゃ損する老人に適した食事の新しい価値観

(内容は後日公開します)

老人の食事メニューほ半固定化

(内容は後日公開します)

高齢者の食事はレトルト食品で効率よく

(内容は後日公開します)

老人の食事は宅配でdoor-to-door

(内容は後日公開します)

老人の食事は配達で遠方からも注文できる

(内容は後日公開します)

老人の食事は柔らかいものばかりが良いわけではない

(内容は後日公開します)

高齢者は食事にわがままな一面も

(内容は後日公開します)

高齢者にある食事の問題

(内容は後日公開します)

高齢者の食事は工夫が常に求められる

(内容は後日公開します)

老人の食事はこれが基本、特選レシピ

(内容は後日公開します)

高齢者向けのやわらかい食事のレシピ

(内容は後日公開します)

高齢者の食事にまつわる注意点、こんな場合は?

(内容は後日公開します)

①こんな場合は?食事中にある老人の鼻水問題

(内容は後日公開します)

②こんな場合は?老人が食事で飲み込めない時

(内容は後日公開します)

【まとめ】知らなきゃ損する老人に適した食事の新しい価値観

(内容は後日公開します)

コメント

タイトルとURLをコピーしました