【簡単】老人の食事レシピから学び、代用品を使いながら楽をする方法【実践すべき】

<strong>困る両親</strong>
困る両親

私らみたいに40代、50代で在宅介護をしている人もいるけど、食事作りに参ってる

<strong>悩む主婦</strong>
悩む主婦

私は毎日、柔らかい食事を試行錯誤しているけどマンネリ気味。

食事の準備が大変で嫌になっちゃうわ。


こんな疑問を解決していきます。

食事作りは毎日のことですから、誰だって疲れるものです。

食べられるものが限られ作るものがワンパターン化していくと、余計に介護負担感が増していきます。

この記事はこんな人向け

  • 40代、50代で在宅介護をしている
  • 老人向けの柔らかい食事を毎日試行錯誤して作っている
  • 最近、老人向けの食事がマンネリ化している
  • 柔らかい食事作りに疲れている


レシピを知ることでマンネリ気味から脱出できますが、継続ができなければ意味がありません。

コストも余計にかかり、手間もかかるようなら結果的に大変になるだけです。

老人向けの食事レシピから学びを得て市販品を使うことで楽ができる部分もあります。

一般的に老人向けの食事レシピを学ぶのではなく、介護負担を減らす方法をお伝えしていきます。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

執筆者の経歴

  • 作業療法士10年以上
  • 勤務歴(病院・介護施設・児童支援・就労支援)
  • 現在は就労支援に従事(障害のある方のリクルート)


この記事の信頼性については運営者プロフィールをどうぞ。

私の仕事の始まりは「老人介護」です。

患者様、利用者様の生活について考えるのが仕事で、在宅介護をされる方にアドバイスを沢山してきました。

「食事」については、どのご家族も悩みになっています。

食べやすいメニューを知ることも大切ですが「作る手間」はなくなりませんから、介護負担が減った実感はしにくいはずです。

老人向けの食事レシピを知るだけでは方法を知っただけで、本質の解決にはなりません。

手間がなくなったほうが、あなたの自由時間も生まれ生活の質が高くなります。

金銭的、経済的な事情もあるかと思いますが、けちけちして介護者の体調が不安定になってもいけません。

お互いがハッピーになれる方法をお伝えします。

スポンサーリンク

老人の食事レシピから学び、代用品を使いながら楽をする方法

老人の食事レシピから学び、代用品を使いながら楽をする方法

(詳細は後日公開します)

高齢者の食べやすい食事を学ぶ

(詳細は後日公開します)

食べやすい形状

(詳細は後日公開します)

食べにくい形状

(詳細は後日公開します)

老人ホームの食事レシピ、代用品を使っている事実を知る

(詳細は後日公開します)

老人の食事レシピを知り、実際に市販品を取り入れる行動をする

(詳細は後日公開します)

飲食店と同様で厨房ですべてを作らない

(詳細は後日公開します)

【まとめ】老人の食事レシピから学び、代用品を使いながら楽をする方法

(詳細は後日公開します)

コメント

タイトルとURLをコピーしました