【在宅でも可】生活リハビリを取り入れてみよう【実践できる】

<strong>悩む主婦</strong>
悩む主婦

デイサービスにいってるおじいちゃん(おばあちゃん)、依存度が高くなってるわ。

自分でやらないで頼むことも多いし、嫌になっちゃう。

最近、歩く足取りも悪いくなってきた気がする。

個別でリハビリするのって高いのかなぁ。

家じゃなにもできないのかしら。


こんな疑問を解決します。

在宅介護で依存度が高くなり、介護者ばかりに頼るのってつらいと思います。

いつの日か歩けていたのが歩けなくなったり、自分で食事が食べられなくなったり、生活動作ができなくなると、介護負担が増えてきます。

「リハビリ」は専門の職員さんにみてもらうのが一番ですが、生活の中で出来るリハビリがあります。

それが「生活リハビリ」です。

生活リハビリの思考で介護にあたると、「リハビリ」になってしまう一面があります。

本人も介護者も分析ができないだけで、何気ない生活が訓練になっています。

日常生活をみていけばどんなことを行えばいいのかが分かります。

実践できる方法、具体例を示していきます。

<strong>小林玄人</strong>
小林玄人

執筆者の経歴

  • 作業療法士10年以上
  • 勤務歴(病院・介護施設・児童支援・就労支援)
  • 現在は就労支援に従事(障害のある方のリクルート)


私の仕事の始まりは老人介護です。(プロフィール詳細はこちら>>

老人保健施設で勤務していた時に、在宅介護をするご家族に「生活リハビリ」をすすめていきました。

「機能維持」がいちばん難しいからです。

「介護」と聞くとついついやってしまいがちなこともありますが、生活動作には機能訓練の要素がたくさん盛り込まれています。

「訓練」という言葉をきくと、

  • 嫌だな
  • 疲れたくない
  • もう、なにもやりたくない
  • こんなことするなら、早く死にたい


など、高齢者からネガティブな発言が聞かれます。

安心して下さい、「生活動作」は訓練ではありません。

「暮らす」ために何気なく行っていることです。

それでは、生活リハビリについてまとめます。

スポンサーリンク

生活リハビリを取り入れてみよう

生活リハビリを取り入れてみよう

生活リハビリの概要、効果、具体例、将来についてまとめます。

在宅介護で「生活リハビリ」を取り入れる時は、「具体例」がわかりやすいので参考にされて下さい。

  • 「生活リハビリ」って何?
  • 「生活リハビリ」と「機能訓練」の違は?
  • 【事例あり】介護施設で行われる生活リハビリ
  • 効果あるの?生活リハビリで回復するのか
  • 「生活リハビリ思考」にするための工夫観点
  • すぐに実践できる「生活リハビリ」のプログラム・具体例
  • 生活リハビリの今後について
  • 【関係者向け】生活リハビリ重視型の職場に転職もあり
  • 【まとめ】生活リハビリを取り入れてみよう


「生活リハビリ」って何?

(徐々に追記更新していきます)

「生活リハビリ」と「機能訓練」の違は?

(徐々に追記更新していきます)

【事例あり】介護施設で行われる生活リハビリ

(徐々に追記更新していきます)

効果あるの?生活リハビリで回復するのか?

(徐々に追記更新していきます)

「生活リハビリ思考」にするための工夫観点

(徐々に追記更新していきます)

すぐに実践できる「生活リハビリ」のプログラム・具体例

(徐々に追記更新していきます)

生活リハビリの今後について

(徐々に追記更新していきます)

【関係者向け】生活リハビリ重視型の職場に転職もあり

(徐々に追記更新していきます)

【まとめ】生活リハビリを取り入れてみよう

(徐々に追記更新していきます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました